転職に失敗!前の会社に戻りたい!出戻りする際に私がやったことをご紹介

スポンサーリンク

こんにちは、らいふです。

意気揚々と転職したのに、転職先が自分には合わず前の会社に戻りたいって思ったことってありません?

実は私は約5年間ほど働いた会社を辞め、転職をし転職先が自分に合わず、恥ずかしながら前の会社に出戻りした経験があります。
もともと、前の会社の仕事内容が嫌だとか、そういう理由じゃないんです。
まぁ確かに給料面では不満はありました。
ただ私自身すごく慎重な性格なので、将来の事を考えた時に今の会社でやっていけるかな、と。

そこで思い立ったのが転職だったのですが、休日を使ってハローワークに行き求人を見たり、ネットで探したり、転職サイトに登録をしエージェントの方と面談してみたりと転職することに躍起になっていました。

その後苦労の甲斐あって転職に成功し収入が上がるんですが、転職先がどうしても自分には合わず退職して、前社に出戻りすることになります。

当記事では出戻りを経験した私が出戻りをした際のことを話していきたいと思います。
参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

そもそも出戻りを考えたわけ

転職するにあたって、前社の仕事内容の不満はありませんでしたが、問題は給与面での不安があったため給与が前社よりも上がることが見込める企業に転職することに成功します。
しかし転職先の社風がどうしても私自身には合わないまま働いていました。

数か月で辞めるなんてありえない!!もう少し頑張ろう!!

自分に言い聞かせるように会社に行くんですが、ある日体調を崩してしまいます。
その日朝起きた時は何とも感じなかったのですが、自家用車に乗り会社までの道を走っているときに急激に吐き気がしてきたんです。

私自身何が起こったのか分からず近くのコンビニに寄り、落ち着かせようと思っても吐き気が収まらず転職先に電話をして休ませてもらうことに。

体調崩して会社休むなんて別に普通の事じゃない?

と思うかもしれませんが、私自身今まで社会に出てから10年以上経っているのですが、1度も1度たりとも会社を休んだことがなかったんです。
だからこそ、今までの私からしたらありえない話なわけで。
数か月しか働いてませんでしたが辞めることを決心し退職して出戻りを考えます。

 

スポンサーリンク

私が出戻りをした際の流れ

ただ単に前社に連絡をして出戻りしたわけではありません。
以下が出戻りした際の大まかな流れになります。

出戻りしたときの流れ

 

  1. 前社の仲の良い同僚に連絡し相談
  2. もし出戻りした際の反応をさりげなく見る
  3. 前社の営業時間中につまらないお土産を持っていく
  4. 前社の元直属の上司に出戻りしたいことを伝える
  5. 上司から専務に連絡がいく
  6. 専務から社長に連絡がいく
  7. 専務と上司と私で居酒屋で3者面談(専務のおごりでしたw)
  8. 出戻りの許可を貰う
  9. 前社で働き始める

 

私自身が出戻りをしようとした際に一番怖かったのは一緒に同じ職場で働いていた同僚の反応でした。

だってまた同じ職場で働こうとしているわけですから、正直上司の反応とかよりも私の側で一緒に働いてきた同僚の反応の方が怖かったです。

もちろん、いくら同僚がOKしたところで上司がOKを出さなければ出戻りなんてできないわけですが、そこは前社の退職の仕方が関わってくると思います。

 

スポンサーリンク

私が感じた出戻りしやすい条件

出戻りをするにあたって条件があると思っています。
その条件に当てはまらなければ、出戻りは厳しいかもしれません。

出戻りしやすい条件
  • 前の会社が出戻りする人の必要性を感じている
  • 前の会社を円満に退社している
  • 同僚との仲がいい

 

出戻りする際に大事なのは、その人の『仕事ぶり』。

仕事の出来ない人であれば、前の会社から必要とされておらず出戻りすることは厳しいですが、仕事ぶりが前の会社から評価されているのであれば、逆に喜んで出戻りをOKしてくれる可能性はあります。

次に大事になってくるのは『人間関係』。
人間関係がもともと良かったのであれば同僚からの承諾も得やすいでしょうし、上司からの承諾も得やすいと思います。
それとは逆に人間関係が悪く退社していまったのであれば、同僚にはもちろん、上司にすら出戻りの相談をすることは厳しいかもしれません。

ここで紹介した条件はあくまでも私自身の経験ありきの話です。
実はもともと私以外にも出戻りした社員は数名います。
実際その出戻り出来た人たちは、人柄と仕事ぶりを会社側が見てくれていた証拠でもあります。
でなければ、出戻りすることは困難でしょう。

 

 

スポンサーリンク

本当に一番大事なのは『勇気』を出すこと

出戻りって周りの反応をどうしても気にしてしまうかもしれません。
でも、それはしょうがないこと。
本当に前の会社に出戻りしたいと考えているのであれば、まず自分自身が動かなければどうにもなりません。

でも本当に一番大事なのはあなたの『勇気』!!

仕事って自分自身の人生において無くてはならないものです。
出戻りしたいのだったら勇気を出して連絡すべき。

出戻りしたいなら『勇気』を出して言う!!

それだけです!!

 

 

スポンサーリンク

まとめ

以上が私が出戻りしたときの流れになります。

もちろんその人その人で状況は変わると思いますが、転職に失敗は付き物ですし、実際問題働いてみないと内情なんて分かりません。

求人内容の嘘やパワハラなどのハラスメントなどによって、「前の会社の方が良かったな」とか考えちゃいますよね。

でもそれって転職したからこそ前社の良さが分かることで、いざ外に出てみなければ分からなかったことでもあるわけです。

もしかしたら前の会社もあなたを待っているかもしれません。

でもそれは連絡してみないと分からないこと。

この記事を読んで少しでもあなたの背中を押せたらいいなって思います。

ではまた。