【株入門】そもそも株って何?株で儲けるとは?株取引の仕組みを分かりやすく解説。

スポンサーリンク

こんにちは、らいふです。

こちらの記事に辿り着いたということは少なくとも『株』というものに少なからず興味がある方だと思います。

「そもそも株って何なのか?」

「なぜ株で儲かるのか?」

そんな疑問に当記事では誰にでも分かりやすく株の仕組みを説明していきます。

 

スポンサーリンク

株とは?

企業が資金を集めるための証書のこと。

企業が資金を集める方法の1つとして株を発行し、そしてその株を買ってもらうという方法があります。

ちなみに株のことを『株式(かぶしき)』と表現することもありますが意味は同じで、ただ略して『株』と表現しています。

株を買った人たちのことを『株主(かぶぬし)』と言い、株を発行した企業に投資(お金を出資)をした、いわばオーナーになることが出来ます。

企業は新しくビジネスを始めるときや新しく工場を建てるなどの際に多くの資金を必要とします。

銀行などから資金を借りることも出来ますが、銀行の場合だと必ず決まった日までに返さないといけない決まりがあります。

しかし、株で集めた資金は返す必要がありません

返す必要がないので、企業側からしたら長く安定した経営を行うことが出来ます。

つまり銀行から借りるよりも、株主に出資してもらった方が企業としてはメリットが大きいってことですね。

ここまで聞くと株主には何のメリットもないの?企業の株を買ったのに?って思っちゃいそうですけど、投資をしてくれた株主には企業側から利益の一部を還元してくれます。

これが株主にとってのメリット。

普段の私生活において、見返りを求めるのは人それぞれ色々な意見があると思いますが、株の世界では見返りがなかったら出資するにはちょっと・・・って感じですね(笑)

 

まとめると

企業「新しいビジネス始めたいけど資金が無いや」

株主「じゃあ私が資金を提供しましょかー?」

企業「マジっすか!?良いんですか?助かりますわー。銀行から借りると期日までに返せる自信が無くて」

株主「ただ条件があります。」

企業「えっ?何?恐いんだけど」

株主「出資する変わりに、企業さんがこれから先儲かったら還元して!」

企業「そりゃ、株主さんには感謝の気持ちを込めて還元しますから安心してくださいよ」

株主「おっ!分かってるねー!ありがとねー!」

 

てな感じですかね(笑)

また株には最低購入枚数があり、基本的に最低でも100株~という決まりがあります

つまり株価1,000円の株は最低でも10万円が必要になりますし、株価5,000円なら最低でも50万円が必要になってきます。(手数料など含まない)

では続いて、株で儲けるには具体的にどういった方法があるのかを説明していきます。

 

スポンサーリンク

株で儲けるとは何か?

株で儲けるには3つの方法があります。

  • 株の売買益
  • 配当金
  • 株主優待

それぞれ分かりやすく説明していきます。

 

株の売買益

株の売買益とは、株を買い株価の上昇などによって利益を確定させること。

例えば、株価1,000円の株を100株買い、その後株価が上昇し1,500円になったところで売却すると、その差額分が利益になります。

買った時:株価1,000 × 100株 = 10万円

売った時:株価1,500 × 100株 = 15万円

利益:15万円 - 10万円 = 5万円

つまりこの場合、5万円の利益を得ることが出来るのです。(手数料など含まない)

これが、株の売買益による儲け方になります。

 

配当金

前述で企業は株主に還元をしてくれると言いましたが、その還元の1つが配当金です。

配当金とは、企業が利益を生み出すことで株主の持ち株数に応じて現金を配ること。

いくら貰えるのかは企業にもよりますし、また企業の収益によっても配当金額が変わるので一概にいくらとは言えませんが、配当利回りは全体で平均約2%ぐらいになっています。

配当利回りとは1年間に貰える配当金の利率を表しています。

計算方法は簡単で、

配当金額 ÷ 現在の株価 × 100株 = 配当利回り

になっています。

では例として2020年6月12日現在のトヨタ自動車の株価を元に配当利回りを計算してみます。

配当金額220円 ÷ 株価6,853円 × 100株 = 配当利回り3.21%

となります。

平均が約2%と言われている中でも、トヨタ自動車は配当利回りが高い傾向にあるのが分かります。

配当利回りが高めの企業の方が株主にとって人気がありますし、還元される現金が多ければ多い方が、株主は企業に投資したくなりますからね。

 

株主優待

株主優待も企業が還元してくれるうちの1つです。

株主優待とは、一定以上の株を持っている株主に対して、自社製品やお得な割引券などをくれる株主優遇制度のこと。

お食事の割引サービスや数千円分のクオカードが貰えたりなど、株主優待は企業によって様々です。

また株主優待を受けとるために、その時だけ対象の企業の株を買う人もいます。

現金で儲けるというよりは、クーポンでお得に楽しむみたいな感じですね。

 

スポンサーリンク

株取引では損することもある

では、なぜ株で損をしてしまうのか?

それは、持ち株の株価が下がり損益を確定することにあります。

例えば、株価1,000円を100株つまり10万円で買った株が800円まで値下がりしてしまった場合、

株価1,000円 × 100株 = 10万円

株価800円 × 100株 = 8万円

10万円 - 8万円 = 2万円

この場合だと2万円を損したことになります。(手数料など含まない)

これが株取引で損したということ。

株価は世界経済の影響や企業のニュースなど様々な影響によって株価は上下します。

また特に株価が大暴落した有名なところだと、バブル崩壊やITバブル崩壊、リーマンショックや最近起こったコロナショックがあり株価が暴落した時に売ると大きな損失を生んでしまう可能性があります。

なので、どんな時でも柔軟に対応出来るにすることが大切です。

 

 

スポンサーリンク

株取引が出来るのは上場企業のみ

世の中さまざまな株式会社がありますが、全ての株式会社の株を取引出来るわけではありません。

あくまでも株取引が出来るのは上場している企業に限られます

上場とは株式市場に自社の株を公開し、証券取引所で株の売買を出来るようにすること。

 

国内には4つの証券取引所がある

  • 東京証券取引所
  • 札幌証券取引所
  • 名古屋証券取引所
  • 福岡証券取引所

この中でも東京証券取引所は世界三大証券取引所の1つに数えられ、アメリカのニューヨーク証券取引所やイギリスのロンドン証券取引所と並ぶ市場になっています。

そのため、世界中の投資家が注目している証券取引所になっています。

ただ、最近は中国の上海証券取引所が台頭してきていることもあり、世界三大証券取引所と呼ばれなくなるのは時間の問題かもしれません。

 

東京証券取引所が運営している4つの株式市場

  • 東証一部
  • 東証二部
  • 東証マザーズ
  • JASDAQ(ジャスダック)

よく「あの人は一部上場企業で働いてるよ」とか「一部上場企業に就職出来た」って聞いたことがあるかもしれません。

それは東証一部に上場している企業のこと。

東京証券取引所が運営する4つの市場の中で東証一部は言うなればランキングで1位の最高ランクにあたります。

もちろん上場するだけでも凄いことですが、その中でも東証一部に上がるためには更に厳しい条件をクリアしていかなくてはなりません。

株主は2,200人以上・時価総額250億円以上・連結純資産の額が10億円以上など、他にもあるさまざまな条件をクリアした場合にのみ東証一部に上場出来ます。

簡単に市場の特徴をご紹介します。

 

  • 『東証一部』
    世界的にも有名な大企業が上場する市場

  • 『東証二部』
    中小企業が上場する東証一部を目指す企業がある市場

  • 『東証マザーズ』
    ベンチャー企業と呼ばれる今はまだ小さい企業だが東証一部を目指す企業がいる市場

  • 『JASDAQ(ジャスダック)』
    2種類の市場がありスタンダードとグロースがあります。

    【スタンダード】
    一定の規模と実績のある成長企業の市場

    【グロース】
    業績が赤字でも成長する可能性があると認められている企業の市場
スポンサーリンク

まとめ

株の仕組みを簡単に説明しました。

世にある企業のほとんどが株式会社であり、株というのは意外と身近な存在なんですよね。

でも株ってそこまで難しいものではありません。

まぁ儲けるってなると難しいもんですけどね(笑)

 

手数料から選ぶならこちらの証券会社がオススメ!

SBI証券
SBI証券[旧イー・トレード証券]

口座開設数が500万件を突破しているネット証券人気NO.1!!

アクティブプランであれば現物取引でも信用取引でも1日の約定代金合計50万円まで手数料無料。

PTS(夜間取引)も対応しているため、昼間忙しい方にもオススメなネット証券会社。

住信SBIネット銀行の口座を持ってる方ならSBI証券との連携で更にお得になります。

松井証券

あの株主優待で有名な「桐谷さん」がオススメする証券会社。

現物取引でも信用取引でも1日の約定代金合計50万円まで手数料無料の定額プラン。

PTS(夜間取引)も対応。

投資信託する上でも無料ロボアドバイザーの質問に答えるだけでオススメを教えてくれます。

DMM.com証券

1日定額プランはないが、1約定プランに関しては業界最安値。

1回の約定額5万円の手数料が55円(税込)なのは業界ナンバーワンの安さ。

また、信用取引であっても約定金額合計300万円まで「手数料が一律80円」

1日の取引が50万円を超えるような投資家にはオススメ。

少額投資にも多額投資にもどちらの投資家にも向いているネット証券。